いつもお仕事、お疲れ様!頑張るアナタが大好きです💖

本日は千葉県某市の居酒屋へとエロ坊一行はお邪魔しております。
今回の女の子のメンツをご紹介していきます。
まずは不動のドS嬢C!その上から目線で世の男を見下す眼差しがいつ見ても僕を興奮の渦へと巻き込んでしまい時折、遭遇する彼女の甘い声に僕の下らへんに宿しているお馬さんも暴発しそうになりかけます。(笑)

更には毎度、お馴染みのエロ坊のお気に入りであり視界に入れば顔を見るだけで元気になります、童顔ベビーfaceのM!今宵も小さな天使兼エンターテイナーとしてお客様へと楽しい宴会のお届けを務めて参ります。お客様と合流して最初に言われた一言。それを、僕は一生忘れることはないでしょう。
『ノリが良い子ですか?上司たちも今回すごく楽しみにしているんです。』と 少しオドオドしている様子にちょっとでも安心感を与えるため僕がお客様に放った一言が 『ノリも良いですし、若い子には引けを取らない可愛さで他のお客様からも大変ご好評を頂いております。それに僕のお気に入りの子も居るので気に入ってもらえること絶対に間違いなしです!』と自信を持って豪語をかましてみました。
今回の宴会は定年退職を迎えるお客様を中心として宴会が繰り広げられていたみたいなのですが、中には、エロ坊と同じ30代の童貞くんがいらっしゃったとのこと。
会の中心で定年退職を迎えるお客様から女の子に…。 『この子はあまり女性慣れしてないから可愛がって欲しい。』と懇願され すかさずその機を伺ってた様に舌をペロリとしたリーダーC、その子に集中攻撃をかましていました。すると周りの上司の目も気に留めず可愛らしい声で少し喘ぐ彼のオチ◯チ◯は富士山をも凌駕するほどの立派なお山が出来るほどにムクムクと下辺りがムズムズしていたと、リーダーCいつもながら、やる事が常人じゃ到底考える事が出来ないシチューエーションを作り上げるのが毎度、本当にお上手だなぁとつくづく感心させられており脱帽の一言に尽きてしまいます。
最後は童貞くんから『今回は自分の生涯にとって非常に良い経験になりました。こんな僕を痛ぶって下さり誠にありがとうございます///』 と、感無量のお礼の一言に僕も心を打たれてしまいました。
その低姿勢と謙虚で真面目な姿を見て女王からの一言がコチラ。 『私は〇〇王国のC女王よ。私の辞書に不可能という文字は無いのよ オーホッホッホ!女の人に触れられて終始、ドキドキしていたのを見て、初めての時の自分自身のこと思い出しちゃったわよ❤️』といつも自信満々の狂犬…いえ、失礼致しました。Cお姫様、いつになったら僕のことも痛ぶってくれるのでしょうか?笑っ心待ちにしているのですがなかなか、心を開いてくれないので僕自身がオオカミさんにならないといけないのでしょうか・・・。とまぁ、いつもの冗談は置いといて、帰りの車の中ではリーダーCのカバンから取り出された生温かいホクホクのブラジャーの匂いをこれでもか!と言わんばかりにマネージャーの僕も嗅がされて、その匂いと彼女の行動に僕の◯◯◯◯(※推定17cm)もホッコリからモッコリになっていましたとさ///そんな興奮してる中でもエロ坊は両極端のS女とM子の美女2人を乗せて今宵も首都高を駆け巡るのでありましたとさ。おしまい

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*